春日部のマッサージは口コミ1位「イリスオーラ」へ

体内のたまった毒素は、いったいどんな悪さをするの?

体内に入った有害ミネラルはいったん肝臓で処理され、血液によって各器官へはこばれます。この時、水銀や鉛などの有害ミネラルは、体内で酵素と結合しやすい特徴があります。

酵素とは

酵素には、消化酵素と代謝酵素があり、食べたものの栄養を消化分解して吸収したり脂肪の燃焼や新陳代謝の活性化、老廃物や毒素の排泄など体すべての代謝活動に不可欠な存在

酵素は、体内のすべての器官や組織を活発に働かせる代謝に欠かせない存在です。血液がサラサラに流れるのも、脂肪が燃やされるのも酵素が元気に働くからなのです。

しかし、毒素が酵素と結合するとその機能が鈍くなり代謝力が低下してしまい、便や尿として出されるべき毒素が排泄されずに体内に残って害が出ます。脂肪も燃えにくくなります。

酵素が働かないと

・血液がドロドロになる

消化、分解しきれない脂肪やたんぱく質が未消化のまま血液中に流れるため、ドロドロになります。血液が行う栄養配給やごみの回収能力が、弱まるため体力が落ち血行不良により、冷え性、肩こり、腰痛、肌のくすみへと影響が出ます。

・リンパがつまる

リンパは血液から老廃物や不要な水分を回収して体外へ排出する役割をします。リンパ駅は筋肉の収縮によって流れていますが、血液循環が悪くなると筋肉にコリが生じリンパの流れが滞ります。すると老廃物や余分な水分が体内にたまり、セルライトやむくみになります。

・便がつまる

酵素が働かないと、老廃物が分解されず宿便として腸の中に残ってしまいます。停滞した便は、腐敗を起こし、有害ガスや毒素を発生し、ニキビやくすみ、体臭の原因に!また便秘は肝臓の働きを鈍らせるため、脂肪を燃やす代謝力を低下させ痩せにくい体質にします。

活性酸素とは

体内に取り込んだ酸素の副産物として発生します。少量だと最近を殺す作用がありますが、増えすぎると細胞を攻撃し、シミやシワ、老化の原因になり美容の大敵です。

呼吸をするだけで活性酸素は必然的に体内に現れますが、そこにストレスや、喫煙、排気ガス、食品添加物などの毒素が加わると活性酸素が大量に発生してしまいます。さらに排出されなかった有害ミネラルも、活性酸素を作る原因のひとつ。美容にもうひとつ深刻なのが、水銀がヒアルロン酸の生成を邪魔します。ヒアルロン酸とは肌の真皮層にあり、保湿力を保つのに欠かせない存在・それが不足すると、肌の水分がうばわれ、ハリとツヤがなくなります。

このように、毒素を排出して体の中からキレイにしなければ、本当の美は手に入らないのです。

 

春日部のアロママッサージは【満足度NO1】イリスオーラへ PAGETOP